キャノン インク

機種によっては最大82%OFF!激安キャノン互換インクのススメ

 


 

上記はいつもキャノンの互換インクを購入してるショップでの純正インクと互換インクの価格比較表です。
我が家のプリンター 『キャノンPIXUS MG6130』の場合、6色セットで実質半額以下。

 

参考ショップ:≪インクナビ≫ http://www.inknavi.com/

 

10年前のキャノンプリンター本体価格は10万円以上しました。
が。。。現在はその1/8もお金を出せばそこそこまともなキャノンのプリンターが買えてしまいます。
でも純正のキャノンインクの価格は10年前から6000円〜4000円とそれほど変わっていないんですよね・・・・。

 

こんな燃費?が悪いことじゃ「あそこのお店までの地図プリントしよ」とか「あっ!この写真いいねプリントしよっ」など高額なインク代を気にして「もったいないもったいない。。。」気軽に思いつきでぽんぽん印刷もできません。

 

そんな中、あれこれ調べ辿り付いた答えが2年ほど前から利用しているキャノン互換インクです。

一昔前は売りっぱなしの保障なし!悪い評判も耳にしたこの互換インク。現在は・・・?

 

写真は我が家の愛機 『キャノン PIXUS MG6130』。機能は申し分なく、使いたい時に使いたい様にサクサク動いてくれるんですが。。。。

 

キャノン純正インクカートリッジのビックリ価格に驚かれた方は私だけでは無いはず。プリンタ本体の価格を安くして消耗品で回収したい気持ちも判るんですが私の機種で純正6色セットが5800円もします。毎年、年賀状印刷に6色セット×2個を使ってしまう私にとってはそれこそ本場の印刷屋さんに年賀状印刷を頼む方が安くつく計算。。。。

 

現在はキャノン互換インクを選択することで毎年の年賀状印刷が実質、純正インク1セット分の価格でまかなう事ができています。
何度か他社へも浮気しましたが良心的な価格と充実保障で先日もこのショップで購入 しました。

 

インクナビ キャノン互換インク販売ページ: http://www.inknavi.com/shopbrand/001/X/#canon

 

実はこのショップ以上に考えられない位、安い価格でキャノンの互換インクを取り扱ってるショップも存在します。
ですがあまりに安いインクは私のまわりにプリンタ内部でインクが漏れて大惨事になった人がいるので充分な注意が必要です。
プリンタを分解して掃除する自信が無い方は純正か無難にこのお店レベルの価格帯の互換インクを選ばれることをオススメします。

価格は安いが物は最悪?激安キャノン互換インクってどんな商品?

 

キャノン純正インクは当たり前ですがキャノンが製造&販売しています。互換インクとはリサイクル商品などではなくもちろん新品。プリンタメーカー以外の企業が製造し、互換性のあるインクカートリッジのことを指します。⇒互換インクの詳しい解説はコチラ

 

さて、右記の2枚の写真。どちらが純正インクで印刷されたものか見分けがつきますでしょうか?パッと見、全く見分けがつきませんが答えは『写真B』が純正インクです。

 

私自身、長年キャノン互換インクを利用して年賀状を始め写真や会社の書類まで様々なものを印刷してきましたが互換インクであるから印刷の仕上がりに違いが出ると思ったことは正直一度もないです。。。

 

安いから悪いんじゃ無く、製造元が違うから安い。最近、プリンタ本体の価格がすごく安くなってきてるので割り切ってお高い純正インクを使用する方も多いと聞きますがそんなに印刷の仕上がりが変わらないなら消耗品であるインクは安いに越した事はないと考えるのは私だけでは無いですよね。。。。

安いし最近は物も悪く無いのは判った。キャノン互換インクを買うならどこ?

 

先日も丁度インクが切れたのでインクナビで何度目かのリピート買い。
このショップの良い所は価格が安いこともさることながら全ての互換インクに1年間の保障が付き購入金額の10%がポイント還元されること。つまりは10個買ったら1個タダと言う訳。

 

私の様なプリンタヘビーユーザーにはとっても嬉しいシステム。
何はともあれ一度ショップへ行って自分のプリンタ品番のインクの価格をチェックしてみてくださいな。

 

『インクナビ』キャノン互換インクのページはコチラ。