キャノン純正インクその他の選択肢

純正はちょっと高すぎる・・・とお考えの貴方へ。まだあるその他の選択肢

・ キャノン純正インク

 

当サイトではすっかり悪者扱いしてしまったこの純正インクですがプリンタの保障期間中(メーカー無償保障1年間)はこの純正インクを使用する事をオススメします。もし、他社の詰替えインクや互換インクを使用しての何らかのトラブル(故障)が起こった場合、メーカーは保障してくれないことになっています。(有償保障は可)メーカーは純正インクを使ってもらいたい訳ですからこの点はしょうがないですね。当然価格はこのページでご紹介する他の選択肢に比べ一番高価となります。

 

純正インクは当然、個々のプリンタ専用にメーカーが作っていますし、もし何らかの問題が発生した場合サポートが受けられる。価格はびっくり高価だけど一番無難と言えば無難な選択肢と言えるかもしれませんね。

 

・ リサイクルインクカートリッジ

 

一般的にリサイクルインクと呼ばれるものは使用済みの純正インクカートリッジを何らかの方法で回収しインクを新たに充填して再販した物を指します。家電量販店などで回収BOXを見かけた方も多いのではないでしょうか?

 

リサイクルインクはカートリッジ部分は純正品ですが中身のインクは非純正。一般的に個人で詰め替えインクを購入して自分で充填する場合はインクが切れてすぐのカートリッジに充填するかと思います。ですがリサイクルインクは一応の検品は行っているでしょうが何度リサイクルされた物なのか?またインクが空の状態でどれ位放置されたカートリッジなのか消費者からは判りません。何より価格面でも私の機種で純正より800円程度安い(近所の家電量販店)だけと、大きな魅力は感じないと言うのが正直な印象です。

 

・ 詰め替えインク

 

大きなボトルのタイプを購入すればコストパフォーマンス的には断トツのNo1なのですが、詰め替えは思った以上に面倒な印象があります。機種によって詰め替え方法が異なりますが、一般的な注入タイプの場合まず、カートリッジに穴を開け、その穴から詰め替えインクを注入し最後に穴をシールで塞ぐパターンが多いかと思います。私も何度か経験しましたが高確率で色々汚します。カートリッジ自体の劣化も考えて詰め替え4回に1回位は純正カートリッジに変えた方が良いと教わっていたのでこれもまた面倒でした。

 

暫くはだましだまし詰め替えインクを利用していましたが、コスパは最高だが色々手間であり、プリンタ本体の故障リスクも高いという個人的な印象があります。詰め替えインクは初心者さんにはちょっと敷居が高いかもしれませんね。

 

・ キャノン互換インク

 

互換インクはプリンタメーカー以外の会社が製造した互換性のあるインクカートリッジ。一番のポイントは純正インクと同じ要領で手間なく簡単にプリンターにセットでき、尚且つリサイクルでなく新品なのに価格帯も純正インクの半額程度と互換インクを選択しない理由が見つからないと私は思うほどです。⇒互換インクの詳しい解説はコチラから

 

写真1枚印刷するコストだけ考えると詰め替えインクに軍配が上がりますが詰め替えの手間やなんやらを総合的に判断するとやっぱり互換インクかと。私自身、自宅や会社のプリンタに互換インクをかれこれ2年ほど前から使用していますが今の所、一度のトラブルも無くサクサク動いてくれていますので問題ナシかと。⇒激安!キャノン互換インク販売店比較はコチラ